HOMEに戻る
 

英語が分かるようになる感覚(英語・英会話と蓄積効果)

今日は、不思議な題をつけてみました。

英語が分かるようになる感覚。

なんなんだよ〜〜、これは〜?

というあなたに、ちーひめが、お答えします。

えっとですね〜〜。

たとえば、あなたの前に、
何かの絵画があるとしましょう。

そこには、そうですね〜、たとえば、
馬に乗った人が田舎道を走ってるところが
描かれていたとしましょう。(←深い意味はない)

その絵は、点の集合体でできています。

そうですね〜、印象派のモネとかの絵をよ〜〜く見ると
いろんな色の点がいっぱい集まってるでしょ???
(芸術家に怒られる表現かも・・)
あんな、感じです、あんな感じ。

そこでですね、あなたは、
限られた色の点しか見えないとします。

そうすると、この画用紙に、
何が描かれているのか、なかなか分かりませんね。
馬の尻尾の一部とか、乗馬している人の帽子の色とか、
いろいろ見えるけど、全体像は、ぼんやりしてて
よく分かりません。

だから、なんとなく、あんまり、
分かったような気がしないですね〜〜。

地道に勉強していくってことは、
言ってみれば、分かる「点」が増えていくってことなんです。

でもね、ある一定量以上、分かる「点」が増えると、
ある時、点がつながって、全体像が見えるようになるんです。

イメージ湧きますか?

前に、学習平原の話や、穴あきコップの例を出しましたが
要するに、そんな感じなんです。

人によって、弱みや強みが違いますが、
ある日、ある時、ある一定量以上の点が見えるようになったとき、
ぼんやりであっても、突然、絵の全貌が見えるようになる、
そんな瞬間があるんです。

この瞬間が、
英語が分かるようになる感覚なんですね〜〜!

分かったような、分からないような、
そんな感じがしたかもしれませんが、これって、ホントです。

だからね、諦めないでください。

今日のモットー:

あなたの今日の1分の努力が、又一つ点を増やしている!

posted by ちーひめ at 04:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 聞き取りについて
この記事へのコメント
はじめまして ちーひめさま
急に思い立って英会話はじめた56歳のオヤジです。 学校英語はそこそこいけるつもりですが
TOEICこの年で試してみたら555点でした
まぐれで当たる問題を差し引いたら400点台だと思います。 がっくりでした リスニング聞き取れない 部分部分分かる程度です。推測で回答しているだけ・・・・
本当にある日突然分かる日が来るのかな 奇跡でしかないような気がする。 年齢とか関係ないのかな? でも、ちーひめのこのブログには励まされます。 これからも ちょくちょく覗きます。
Posted by よこちゃん at 2010年09月25日 17:53
本日、お風呂に入っているとき、英語は誰が、何した、誰に又は何にを意識して英文を読めばいいんだとひらめきました。その後で長文を読むと、実に、容易に読めるようになりました。長年に渡り勉強してきたが、なかなかものにならなかったのですが、塵も積もれば山となることを実感しました。毎日の積み重ねが成功の秘訣です。簡単にやる方法などありません。!!!(62歳男性)
Posted by 大塚 文雄 at 2012年05月19日 00:29
よこちゃん、大塚さん、コメント、有難うございます。
ほんと、小さい積み重ねが、ある日、実を結ぶことって、本当にあります。

私は、アメリカに来たとき、聞き取りができず、本当に悲しい思いをしましたが、聞けない理由は、発音だけではなく、単語を知らない、言い回しを知らないというのも大きな要因でした。

やっぱり、読んで理解できる速度が上がると、聞きやすくなるし、いろんな要素が連動している気がします。

62歳で、そこまで上達なさった大塚さんも、56歳で英語を頑張ってるよこちゃんも、この調子だと、若々しい老人になっていけるかも。

外国語を学ぶと、ぼけないって聞きましたもの。

:−)

ということで、これからも、よろしく〜〜。
Posted by ちーひめ at 2012年10月24日 03:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9945296
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。