HOMEに戻る
 

ソニーの盛田昭夫さんが突然英語をしゃべれるようになった理由

ソニーの盛田昭夫さんが
突然英語をしゃべれるようになった理由、
それは、このサイトの紹介のところ、
このページの上のほうを見たら、
派手な色で書いてますから、見てくださいね〜。

で、ここで、ちょっと付け足しなんですが、
前の日記で、
モルモン教徒が外国語が上手な理由について
お話しましたよね??(↓)ここ!

モルモン教徒はなぜ外国語が上手なのか?

ここで、ちーひめ、

「あなたには伝えたいメッセージがありますか?」

という問いかけをしました。

さあ、考えてみましょう。
盛田さんには、伝えたいことがあったと思いますか?

・・・・
・・・
・・

そうですね〜〜当然の事ですね〜〜!

盛田さんにとったら、英語は目的じゃなかった。
たんなる道具だったんですね〜〜。

盛田さんほど中身がある方の話なら、
たとえ少々アクセントがあっても聞いてみたいですよね〜。

本当に意味のあること、本当に傾聴に値する内容、
それを発信することができたなら、
たとえ多少英語が駄目でも、一生懸命聴いてくれる人はいます!

そこで、今日のモットーですわよ!

伝えたいメッセージを持った人は強い!

ちーひめでした〜!

(不特定多数の人を対象のスピーチを聞いてもらうためには、
一対一のときよりも、もっと英語力が要求されるんだけど、
それは又あとでね。)
posted by ちーひめ at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 心構え、考え方

英語習得・持続の力!進歩しないフラストレーション(英会話と忍耐)

えっと〜、今日は、
英語を勉強していく上で
とっても大切な心がまえについてお話します。

それは、

進歩しない自分に耐える!
分からない自分に耐える!


これです!

みなさんは、学習平原という言葉、知ってますか?

飛行機が飛び立つとき、
最初はず〜〜〜と陸を走りますよね?
なかなか、飛び立ちません。
だから、窓から外を見ていても、
いつまでも同じところにいるような気がしますよね?

でも、本当に、陸を走る時間は無意味でしょうか?
そこで、加速度がつくからこそ、飛びたてるんですよね。

英語を覚えるのは、
穴のあいたコップに水を入れるようなもの、
そう聞いたことがあります。

出て行く以上にためていった水が、
コップからあふれ出すときに、やっと、
少し英語が分かったような気がし始めるんです。

最初は度胸、恥を捨てて始める!
そして、できない情けない自分に耐えて
地道に少しずつでもやり続ける、
これって、とっても大切です。

あなたもね、必ず、飛び立つときがきます!
あきらめないで!

ちーひめからのメッセージでした!

ぎゅううううう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちーひめ
posted by ちーひめ at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心構え、考え方

「間違い英語は話せない」の奥にある心(失敗を恐れる心)

そんなこと言われてもぉ〜〜
こんな英語力じゃあ、とっても人前で話せないわ〜〜!

というあなた、よ〜〜く、自分の心を見つめて見ましょう!
その奥にあるのは、何でしょう?

それは

自分の価値が下がるのを恐れる心

じゃないのかな、もしかして?

ひとに失敗を見られたら、
自分の価値が下がってしまう。。。。


そんな風な恐怖をもっていませんか?

でもね、ちーひめは思うんです。
人の価値は他人の評価で決まるのではない
ってね。

私たちの奥にある素晴らしい宝物って、
掘り起こさないと出てこない時ってあるよね。

でもね、掘り起こしてるときは
泥にまみれたりして、カッコよくないよね。

でも、その奥にあるもっと輝いた自分を
お互い、信じましょうね〜〜〜!

私たちは、自分が思っているよりも
本当はず〜〜〜っと尊い存在なのだから。

この日記と関連した日記を
他のちーひめサイトで読んでやってもいいかなー
という人は、「幸福です」って心から言うために に飛んでみてね!

ちーひめ
posted by ちーひめ at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心構え、考え方

英会話で勇気を出す!恥を捨てるための考え方

うははは、ちーひめです!

前回は、「恥ずかしすぎて死にそう度数」が
一気に100倍になるような内容でしたが、
近頃、いかがお過ごしでしょうか?うははは。

自分の英語音読の声なんか聞いちゃって
自信なくなっちゃって、未来永劫
英語なんか話せなくなっちゃったじゃないかよぉーー!
どうしてくれるんだよーーー!!!

というあなたの当然しごくの絶叫に
ちーひめが答えさせていただきます!

そもそも、私達は日本人なんです!
アクセントなんか、あって当然です!!!!!
(ない人もまれにいるかもしれませんが・・)

アメリカに生まれたら、
誰でも、努力せず英語ができるようになるんです。
当然のことです。

つまり、アクセントは、
努力して英語を習得したという勲章なんです!

お分かり?お分かりですね??

わたし、外人なのに(アメリカ人じゃないのに)、
英語(に近いものを)を しゃべってるなんて、
わたしってエライわー、と自分で自分を褒めてあげましょう!

それにですね、あなたは、
自分の英語音読を聞く苦難にも耐え(えらいぞー!)
英語をしゃべる練習をしているのです。
立派なもんです!

とにかく、アメリカ人と話すチャンスが来たときに
勇気を出せるように、今から準備しておきましょう!

ちょっとは努力してぇ〜〜〜、最後は度胸ぉ〜〜!

ららら〜〜、今日もぉ〜〜、今日も良い日ぃ〜〜。

ーーーー

「恥ずかしすぎて死にそう度数」100倍!??
昨日の日記を読んでみる(↓)

恥を捨てる第一歩

ちーひめのサイト一覧を見てみる
posted by ちーひめ at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心構え、考え方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。