HOMEに戻る
 

日本語で理解できることは英語でも分かりやすい(日本語力と英語力の相関関係)

こんにちは、ちーひめです。

前回は、英語が分かるようになる感覚・・
ということで

「ある一定量以上の英語能力が蓄えられたとき、
全体像が見えるようになってくる」

というお話をしました。

え?突然すぎて、何のことだか、さっぱり分からない?

分からない人は、こっち(↓)を先に読んでくださいね。

英語が分かるようになる感覚

あのお話に、ちょっと補足をつけさせてくださいね。

たとえばですね〜〜
英語で、みんなが色々しゃべっててね、
それをあなたが聞いてるとします。

そこで、あなたが、
その話題についていけるかどうかは、
(話題の全体像が見えるかどうかってことは、)
単に英語力だけの問題じゃないんですね〜>

当たり前といえば、当たり前ですが、
あなたが、その話題をどこまで知ってるか、にも
大きく関わってるんですよね〜〜。

前回の記事の例で言うとですね〜、
そうですね〜〜、突然ですが、たとえばね、
馬も人間も見たことがない宇宙人が
その乗馬の絵を見たとしたらですね〜〜、
かなりの量の点が見えたとしても、
全体像はなかなか分からないでしょうね〜。

でも、いつも、乗馬している地球人で、
その田舎道をよく知ってる人ならば、
点が少々少なくても、なんとなく、
想像がつくだろう、と想像できますよね?(←変な日本語)

つまり、こういうことですね〜!

日本語でもよく分からないことは、
英語だともっと分からない


逆に言えば、

日本語でよ〜〜く理解していることは、
(または、自分がすご〜〜く興味を持っていることは)
英語でも理解が進む。

これを、よ〜〜〜く、覚えておいて、
これからの勉強に役立ててくださいね〜〜。

ちーひめ@突然宇宙人出しちゃってごめんちゃい。
posted by ちーひめ at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聞き取りについて

英語が分かるようになる感覚(英語・英会話と蓄積効果)

今日は、不思議な題をつけてみました。

英語が分かるようになる感覚。

なんなんだよ〜〜、これは〜?

というあなたに、ちーひめが、お答えします。

えっとですね〜〜。

たとえば、あなたの前に、
何かの絵画があるとしましょう。

そこには、そうですね〜、たとえば、
馬に乗った人が田舎道を走ってるところが
描かれていたとしましょう。(←深い意味はない)

その絵は、点の集合体でできています。

そうですね〜、印象派のモネとかの絵をよ〜〜く見ると
いろんな色の点がいっぱい集まってるでしょ???
(芸術家に怒られる表現かも・・)
あんな、感じです、あんな感じ。

そこでですね、あなたは、
限られた色の点しか見えないとします。

そうすると、この画用紙に、
何が描かれているのか、なかなか分かりませんね。
馬の尻尾の一部とか、乗馬している人の帽子の色とか、
いろいろ見えるけど、全体像は、ぼんやりしてて
よく分かりません。

だから、なんとなく、あんまり、
分かったような気がしないですね〜〜。

地道に勉強していくってことは、
言ってみれば、分かる「点」が増えていくってことなんです。

でもね、ある一定量以上、分かる「点」が増えると、
ある時、点がつながって、全体像が見えるようになるんです。

イメージ湧きますか?

前に、学習平原の話や、穴あきコップの例を出しましたが
要するに、そんな感じなんです。

人によって、弱みや強みが違いますが、
ある日、ある時、ある一定量以上の点が見えるようになったとき、
ぼんやりであっても、突然、絵の全貌が見えるようになる、
そんな瞬間があるんです。

この瞬間が、
英語が分かるようになる感覚なんですね〜〜!

分かったような、分からないような、
そんな感じがしたかもしれませんが、これって、ホントです。

だからね、諦めないでください。

今日のモットー:

あなたの今日の1分の努力が、又一つ点を増やしている!
posted by ちーひめ at 04:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 聞き取りについて

英語が聞けない、聞き取れない理由

えっと〜〜、
今回は、聞き取りについて、書いてみたいと思います。

聞き取れないという理由は、
ちょー大ざっぱに言って以下の2通りに分かれます。

(1)英語の音そのものが聞けない場合
(2)単語の意味、文章の意味が分からない場合

他にも色々ありますが、今回は、
この2種類の問題に絞って、お話しますね〜〜。

(1)の場合は、英語の音そのもの、
イントネーション、音のスピードやアクセント、
リエゾン、などが分からない場合です。

これは、英語耳などの教材を始めとして、
色々な角度から助けてくれる教材もいろいろでています。
また、後でご紹介したいと思ってます。

(2)の場合はですね〜、
たとえば、英語の本を読むとき、前から順に
すらすら読めるようになると、同じ速度で
聴けるようになって来るんですよね〜。

だから、これは、やっぱり、読解とか単語力とか
そういうことにも、かかわってくるんですね。

こっちの強め方についても、また、
日を改めて紹介させていただきま〜〜す。

ちーひめ

posted by ちーひめ at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 聞き取りについて

天才児ネットのフラムキッズで十ヶ国語(英語)が聞き取れる!英語聞き取り上達の方法!

こんにちは、ちーひめです!

英語を話す勇気がでないときってね、
英語を聞き取れない不安って言うのが理由だったりすることも、
意外と多いよね。

そういう人に、こんなのはどうかな?
10歳以下の子供がいる親御さんに特にお勧め。

なぜかというとね、
さっきサイトに来てくれた友達から、こんな
メッセージをもらったからなの!

ーーー
フラムキッズという教材、
聞き取りにとってもいいですよ〜!

10歳以下のお子さんをお持ちの方に英語耳を保持してもらう、
っていうコンセプトの多言語用のCDなんですけど、
私まで聞き取れるようになったような気がしてます。
(錯覚かしら?)
 
教育系のメルマガとかいくつか読んでるんだけど、
とても評価が高いものですよ。

子供だけじゃなく、自分にも役立ってま〜す!

ーーー

へ〜〜〜、そんなのがあるんだあ。ちーひめ、知らなかった。
ホント、子供向けって馬鹿にできないよね〜。
何事も基本が大事だもの。

ということで、それは一体どんなのかと調べてみたら・・・!!


フラムキッズ &フラムキッズ 2セット【天才児ネット】


ありました。これでした!
へ〜〜〜〜、英語だけじゃなくって、10ヶ国語も
聞き取れるようになるんだあ。へ〜〜!

手作りだから月刊30セットしか作ってないんだって。
視聴もできるようになってるよ。

うーん、ちーひめも欲しくなっちゃったよ。
海外には送らないだろうから、
実家に送ってもらうようにして申し込もうかな。

ちーひめ

posted by ちーひめ at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 聞き取りについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。